So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018ベガルタ

2017 ベガルタ仙台は昨年同様、早々に
降格状況に陥った3チームのお陰で苦労を
せずに残留が決まったしまったシーズン。
2年連続でこういうラッキーな状況でJ1で
2018年も戦えるベガルタ。

2017は、金銭的な問題が一番だとは思うが
2017で主力で戦った選手が、ほとんどが
レンタルだという状況は、2018はまた一から
チーム作りをしなければならない可能性は大。

外国人選手も、スタメンから使えない、試合
にすらでないでシーズンを終わってしまうなど
監督の力量なのか、選手の力量なのか、よくこの
シーズンを乗り越えたものだ。

浦和へ移籍した武藤選手の活躍をベガルタで実現
できなかった監督の力量は変わらないと思うが。
それも、所変われば選手もかわるサッカーの妙味
かとは思うが。監督への信頼度のマイナス部分は
未だに払拭しきれない。

まずは、今年のデータである。

11勝8分け15敗 得点44 失点53
連敗数 3連敗2回 2連敗2回
降格点数差9 ベスト5点数差19
無勝利チーム 川崎、鹿島、浦和、神戸、東京
       横浜、G大阪 無勝利率約41%

データの通り、限りなく降格に近い結果だった
ことは間違いない。ベスト5にはこれまた程遠い
点数差は、来期も限りなく残留争いに近い戦いが
まったいることは確かである。
無勝利率も高かったことは、チームスタッフの
分析、対処がいかに信頼度がないことがわかる。

これから、いよいよ、来季への選手交渉が始まるが、
某北のクラブは、この段階から話題にことかかない。

正直ベガルタは、今は勝負にでる段階ではないのかも
しれない。もう、数シーズン後に勝負をかける時期が
来るのかもしれない。

さて、来季へどのくらい吉報が届くか。
まずは、フロント様のお手並みを期待してみましょうか。

最終戦の甲府戦はじめ、数多くの勝ちきれなかった試合が
来期は少なくなりますように。

共通テーマ:スポーツ

守りだけでは、失点0は実現しないです。

なさけない試合です。

先発した特に若い選手は、
もっと色出してどん欲に
ゴールを目指さなければ
なりません。

その相手のとの攻撃のや
りとりが、失点0を生みま
す。

攻撃と守備がかみ合って
失点0が生まれるのです。

仕掛けられない選手が
あまりにも多すぎるのが
今のベガルタの実情。

ピーターウタカを見たかい。
一人で三人分の仕事をして
るよ。

情けない。。。。。。


共通テーマ:スポーツ

攻撃が流れ無しい、ポストプレーにこだわりすぎ。

2連勝はただの偶然だね。

今日の札幌なら、自分たちのスタイルが
あれば、十分戦えたのに。

いまだに、ポストプレーにこだわっている
のか、いないのかわからないが、スタイルが
全然見えてこない。

野津田は初先発がゆえの試合感なのか、駒の
一部になってしまっていたのが残念。

今日の札幌の1点だって、いままで取ってきた
スタイルの一部であって、ベガルタにはシーズ
ン半ば過ぎてもそのスタイルすら見えてこない。

本当に連携を練習しているか疑問にさえ思う。

石原やクリスランはポストといっても、足元の
方が得意な選手。
今日の後半だって、パワープレイに全然なって
いないのは、彼らがいかに空中戦が得意ではな
いという証。

前節みせたクリスランのアンダーのクロスに石原
が合わせた得点の姿が、ベガルタの基本的なスタ
イルなのではないだろうか。

いまだ、シャドーのシャの字すら見えてこない。

監督、おっしゃる通りです。こんなグダグダな試合
後どんくらみなきゃなんないんですかね。

共通テーマ:スポーツ

攻めずに0に抑えることは難しい。

0に抑えるということは
守り切るとうい事ではない。

今日の新潟戦がいい教訓になったはず。

今のサッカーは守って0に抑えることは
一番難しいこと。

今日の様に適材適所にいかに選手を配置
できるかで、勝敗は決まるということです。

野津田、クリスラン、石原、適材適所に彼ら
が配置できれば、もっと勝つことに近づける
はずだ。

クリスラン、石原どちらもシャドーストライカー
であることは間違いない。今シーズンはポスト
プレイヤー的選手を補強できなかったことが
ここまで勝敗をややっこしくしてる原因。

今日も、石原は適所になったとたんに、同点弾を
たたきこんだ。

ポストプレーがすべてではない。いかにボールを
キープできるかが、西村や奧埜ができていないだ
けで、クリスランや、野津田がサイドでキープで
きれば、石原がいかに生きるかが証明されが一戦
だと思う。

確かに、守備重視の指示がでているのだろけど、
攻めなくしては、守りもできないのが、今のサッカー
ではないのだろうか。

今日の勝利はそれを教えてくれた一戦だったような
気がする。

クリスラン、石原、野津田のビックトライアングルを
一日も早く見てみたいものだ。

共通テーマ:スポーツ

プライドさえない。ホーム戦。100円サッカー。

これでいいのか。

そんな試合だ。

使えない。使えない。

とにかく、力不足。

クリスランも周りがこれでは、

点すらとれい。

今日のサッカーは、100円サッカーですか。

その価値すらない。ですかね。

先が思いやられる一戦でした。

ベガルタはサッカーしてないです。



共通テーマ:スポーツ

幻の日本代表。野津田くる。

怪我さえなければ、
今頃海外に移籍し、代表を
張っていただろう選手。

魅力的なパス、ドリブル、
そして、強力なミドルシュート。

仕掛けられ、選手を使え、得点も
とれる優れた選手。
過去は、移籍先が合わなかっただけ。

ベガルタなら、きっと下手な壁がない
だけ、のびのびできるはず。

これで、平山が間に合えば、トップの
トライアングルは凄く魅力ある、客の
よべる試合ができるはずだ。

ベガルタの今の苦しい状況は、ざるの
守備はもちろんだが、攻撃を主として
計算しているわりには、サイドお選手が
過去に得点を獲れる選手だったのかとい
う点。

その部分が彼の加入により変わることを
期待したい。

彼は、点のとれる選手なのだ。


共通テーマ:スポーツ

今のところ、打つ手なし。

監督力の無さか。選手が真面目すぎるのか。

勝てないときは、とにかく何をしても裏目
にでてしまう。

勝ちゲームに結びつく好セーブがないと言
われていた、ダニエルが追加点をことごとく
セーブを続ける中、点がとれない。

とくに、ここ数試合、サイドハーフの仕事の
出来はまったくなってない。最悪だ。

鹿島の選手と比べると歴然だが、点と取ると
いう雰囲気すらだせない。
自分は、チームの潤滑油でいいのだというプ
レーしかみることができない。

いったい、このざるディフェンスに光明を出
せる選手がいるのだろうか。

タメがつくれない選手が多すぎる。せめてサ
イドハーフの選手は、この部分においては、
最低の仕事をしてもらわないと、ざるディフ
ェンスはたまらないだろう。

トップの三人で得点するなんて夢の夢だろう。

普通なら監督は更迭だが、それすら、怖いんだ
ろうな。俺も怖いよ。


共通テーマ:スポーツ

何故にベガルタコール?ブーイングの内容でしかない柏戦。

勝ったわけでわない。

ただ、引き分けただけだ。

サポーターも甘くなったもんだ。

若手の台頭などとんでもない話だ。

結局クリスランがらみの得点だ。

チームは勝てない。若手は活躍できない。

選手の流失ある。シュミットは勝ちに繋げる
セーブができない。

今日は失点しない準備をしてきたのに、失点。
最後の得点したプレイを随所に展開しなければ、
とても、サッカーとは言えない。

何故に、ブーイングしないのですか?

共通テーマ:スポーツ

結果次第では、舵取りが変わるか。5連敗中の負け癖を立て直せるか。

J1各チームの合言葉は、
何かあったら、引いとけ。

攻撃のリズムが超スローの
ベガルタには、引いた相手こそ
怖いものはない。

とにかく、崩せるのはサイドのみ。
それは、それでいいのだが、とにかく
精度が悪い。どうみても上げているだ
けのクロスにしか見えない。

柏は対戦成績こそ、分がいいが、苦手
クリスティアーノがいる。公式戦は
連敗中がだ、鹿島、セレッソ相手。
負けはしたが、得点はきっちり獲っている。
攻撃のバリエーションは多彩だし、個人の
スキルもベガルタよりはかなり上だ。

いや、ほんとに、ここ5試合で15失点
は笑ってられない。勝ちにくる柏相手に
しのげるのだろうか。

攻撃は単調、守備はざる。クリスティアーノ
を本当に抑えられるか。希望的にはかなり
難しい。

守備は、最後のところで体をはれるか。
いかに、カウンターを早い段階で切ること
ができるか。これしかない。
後は、攻撃の部分をツートップに変えて、
ポストと、裏へ抜けるプレイを繰り返すこ
と。あとは、三田とサイドハーフの出来次第
なのだが。。。。。個人で仕掛けるプレイを
織り交ぜながら戦えれば。。。。。無理か。

とにかく、5連敗の負け癖をいかに直すか。
この現状にいかにビビッてプレーする選手を
なくせるか。

今の現状なら、舵取りが変わっていても不思議
ではないのだが、ベガルタにとってカンフル剤
になるとは限らない。

どこでミスをしてはいけないのか。今日は一人
一人頭を使って柏戦に挑んでほしいものです。

負け癖を払拭してくれ~

共通テーマ:スポーツ

同点の陰に隠れる、降格へのカウントダウン。優等生ベガルタイレブン。

いや~今のベガルタはかなり重傷。

こうも、失点が多いと収拾がつかなくなりそうだ。

失点をカバーできるだけの攻撃力がないだけに、
この流れを今シーズン断ち切ることができるのか?

本来なら、ゲームの要になってなければならない
奥埜の不振。ポジションなのか、コンディション
なのか、以前輝きを取り戻す気配さえない。

さらに、チャンスを貰っている若手、西村にしても
佐々木にしても、今日の様に来期入団選手に主役の
座をかっさらわれているようでは、どうしようもない。

ゲームが作れない、攻撃のスイッチを入れる大切な時に
ミスをしてしまうし、くさびになる選手も少なすぎる。

相手にかまえられる前に、攻撃の好機をつくるシーンが
増えないようでは、点さえ取れないくなる。

みんな優等性のように、つなぐことに命をかけるだけの
選手の集まり。少しくらい、勝負かけて抜くくらいのプレーを
見てみたいものだ。

ミスをしてもいいのだ。しかし、その中の数回、シュートへの
チャンスをつくればおのずと道は見えてくるはず。

かまえられたら、今のベガルタには得点のチャンスはない。
みんな、相手はなにかあったら、引くよ。引けば相手は攻撃
のアイディアがないのだから、点をとられる確率は少ない。

そのうち、守備のラインの裏があき、点を獲れるチャンスが
生まれれ来るのだから。

これで、複数失点の5連敗。相当重傷なのは間違いない。


共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -