So-net無料ブログ作成

2010年、ベタルタ仙台の展望。

2009のベガルタは、昇格、優勝、天皇杯4強入りと、
ノルマ以上の成績を残して、2009年のシーズンを終えた。

昨年のシーズン前には入れ替え戦を経験し、渡辺広大が
覚醒。あの入れ替え戦で、2点目のカウンターを止められ
なかった、富田は少々出遅れたが、後半以降ボランチの
一角を手中におさめた。

チームの得点も、本来ならエースストライカーを中心に
構成したかったのだろうが、ソアレスがなかなか戦術に
フィットしなかったのは、これからのスカウティングの仕方に
努力していかないと、J1で出遅れるはめになるのは確実だ。

2009の最大の収穫は、昇格、優勝もあるが、やはり、
天皇杯で川崎、大阪と真剣勝負ができたことだろう。
通じるところ、足りないところが事前にわかったことで、入り方は
ほかの昇格組と頭ひとつリードしてリーグ戦に入ることができる
ところだと思う。

大阪戦については、皆さんが感じた通り、攻撃のバリエーション、
判断力の速さ、そして、決定的な仕事を最低前の4人だけででき
ること。
川崎が、本調子でなかったことが、なおさら大阪戦のインパクトを
強めた。

やられっぱなしの、朴や、菅井の調子が本来のものだったら、
もう少し展開が違ったと思うが、空いた2週間のインターバルが
大阪のコンディション高め、反対にベガルタの勢いを削いだ形に
なったのは、見ている側としては悔いの残る形となった。非常に
残念だった。

さて、2010への補強が進んでるが、やはり、現況の中で決定
的な仕事ができる選手は少ないのは事実。
とくに、フォワードはおそらくブラジル人を用意すると思うが、
今度こそ、スカウティングにミスのないよう、しっかり見てほしい
ものだ。
やはり、今回のソアレスのような、スペースに動く選手より、
万能型のストライカーが必要になるだろう。できれば、身長もあり、
足元もしっかりした早い選手が望ましい。

そして、やはり、サイドバックの補強は急務。
菅井、田村は、ボランチでも十分できる選手なので、最低2枚
は用意して、一柳を本来のセンターバックで競わせることが
必要だろう。

長年スカウティングに成功していない、フロントの底力をまずは
キャンプ前まで見せてほしいものだと思う。

しかし、お隣の山形の補強をみていたら、思わず、いつのまにか、
イケメンチームをめざしてるの?って感じなってません?余談でした。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。