So-net無料ブログ作成
検索選択

ホーム開幕戦。満員御礼ならず。

いよいよホーム開幕戦を迎えたベガルタ。
俺は、試合内容以上に、観客の反応が楽しみだったが、
開幕戦にもかかわらず、17987人の入場者数にとどまった。

仙台の人間はげんきんな人が多いが、J1に上がった
ベガルタのホーム初戦にしては、寂しい限り。

前節の磐田戦のプレーの内容が、あまりにも魅力に欠けた
内容だった現れだろうか。。。。それとも、多くの人は楽天の
開幕戦にお金の使い道を考えてるのか。。改めてサッカー
人気の低迷さを現わしている結果となった。

さて、試合の内容はどうだったか。
俺は、前節勝利の立役者、ラファエルの欠場が大きかった
と思うが、大宮の守りから、攻撃への切り替えや、少なくても
ペナルティエリア前までは、確実にボールをポゼッションする
プレーは、大宮の方にこれから良くなる可能性を感じた。

一方ベガルタはどうだったか。。。
相変わらず、FWの圧のかけ方に脅威を感じない。
開いてチャンスメイクはわかるが、J1では、数少ないチャンスを
生かすには、いかにペナルティエリアで怖いプレーをするのかが
大切。そこで、圧のかかったプレーをすることで、2列目のプレーや
ミドルシュートも生きてくるはずなのだが。。。。
ワントラップで打つ、常にそういう構え方でないと、J1ではなかなか
点を取らせてもらえないのは間違いないのだから。

ボランチのプレーも、せっかくボールをインターセプトしても
次のプレーが雑になっているので、チャンスにならない。
こういう中盤でのミスが少なくなれば、前の選手もさらに生きて
くるはずだ。

今日の収穫は、フェルナンジーニョのプレーだろう。
ペナルティエリア前でのキープ力、ペナルティエリア内での
絶好の位置取りからの、3点目。FWの選手はいいお手本が
いるのだから、きちっと先をみすえて、自分のプレーを考えないと
ポジションはブラジル人コンビに定着なんてことになる。

ホーム戦を満員で飾れなかったベガルタ。
勝てばいいから、いかに魅力あるサッカーをするかに、これかの
集客は左右されるだろう。。。

さて、次節から、ナビスコカップの新潟戦まで、3試合アウェイでの
厳しい戦いになる。ここをどう乗り切るかで、次節ホームの鹿島戦の
集客もかわるだろう。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1