So-net無料ブログ作成

仙台らしい点差以上の敗退。

チャンスは山ほどあった。
しかし、それは掴んだもの勝ちだ。

敗因は、まず勝ちたい気持ちだろう。
球際のプレーの気迫は、湘南が勝っていた。
パスする前に、足をだして引っかけてくる。
何度も、何度も。

今日は中盤のボランチの出来が悪すぎ。
とくに千葉は、ボールの出しどころがマーク
されているところ、ところに出して、奪われる
という悪循環。これでは、リズムがつかめない。

湘南は決してできはよくなかった。
しかし、仙台が弱いところを見せると、
きちっと形をつくってくるところは、湘南がチーム
としてのベースが、仙台より上だという印象だ。

湘南の田村が言っていたが、仙台はスカウティング
どうりの攻め方をしてきて、予想通りだったそうだ。
読まれているのだ。
それでは、今のベガルタの攻撃陣に流れの中から
得点するのは難しいだろう。
うまくいかない時の、選手間、試合の中での柔軟性を
だれが中心で引き出すかは、大きな課題だ。

おそらく、守備陣は知らず知らずのうちに0に抑えないと
負けると感じているのだろう。それは、前が点をとれない
からだ。もう一度、選手間での意識の統一が必要だ。

光明は、前半は点こそ取れなったが悪くなった。
ポストかと思えば、スペースにと、バリエーションは
よかった。
それを、どんどん継続する意識をお互いに持つことだ。
さらに、サイドと中央の攻撃のタイミングも、もっと早い
判断で切り替えて繰り返すことが大切だ。

さて、次節はホームでセレッソを迎え撃つ。
セレッソも、今節、名古屋に負けてアウェイと言えども
本気で勝ちにくるだろう。
今日のような試合をしていると、また手痛い敗退が待っている。

次の試合に勝つと言っていた手倉森さんより、
ポンポンサーカーで、J1らしくないと、試合を振り返っていた
反町監督の方が好感がもてたのはなぜだろうか。。。。

次の試合のポイントは、守備、攻撃の連動はもとより、
ボランチの再構築だろう。

そして、ブラジル人のツートップでいくのもいいのではないか。

にほんブログ村 サッカーブログ ベガルタ仙台へ
にほんブログ村

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。