So-net無料ブログ作成
検索選択

同点の陰に隠れる、降格へのカウントダウン。優等生ベガルタイレブン。

いや~今のベガルタはかなり重傷。

こうも、失点が多いと収拾がつかなくなりそうだ。

失点をカバーできるだけの攻撃力がないだけに、
この流れを今シーズン断ち切ることができるのか?

本来なら、ゲームの要になってなければならない
奥埜の不振。ポジションなのか、コンディション
なのか、以前輝きを取り戻す気配さえない。

さらに、チャンスを貰っている若手、西村にしても
佐々木にしても、今日の様に来期入団選手に主役の
座をかっさらわれているようでは、どうしようもない。

ゲームが作れない、攻撃のスイッチを入れる大切な時に
ミスをしてしまうし、くさびになる選手も少なすぎる。

相手にかまえられる前に、攻撃の好機をつくるシーンが
増えないようでは、点さえ取れないくなる。

みんな優等性のように、つなぐことに命をかけるだけの
選手の集まり。少しくらい、勝負かけて抜くくらいのプレーを
見てみたいものだ。

ミスをしてもいいのだ。しかし、その中の数回、シュートへの
チャンスをつくればおのずと道は見えてくるはず。

かまえられたら、今のベガルタには得点のチャンスはない。
みんな、相手はなにかあったら、引くよ。引けば相手は攻撃
のアイディアがないのだから、点をとられる確率は少ない。

そのうち、守備のラインの裏があき、点を獲れるチャンスが
生まれれ来るのだから。

これで、複数失点の5連敗。相当重傷なのは間違いない。


共通テーマ:スポーツ