So-net無料ブログ作成

どうする夏の3連戦。終盤戦のカギを握るのは誰だ。

明確スタイルで点がとれていない。

試合ごとに見ていてイライラするのは、この部分。
時には、サイド一辺倒、中央から攻める前にブロックを
組まれるとまったく攻撃が機能しない。

守備がある程度機能している分、今シーズンは2連敗以上が
ないのは、幸いだが、FC東京戦の時のように一瞬の集中力
の欠落は、相変わらず。

次節の川崎戦は現在3位。2位鹿島との勝ち点は2、1位FC東京
との差は9。まだまだ優勝を狙える位置にいる。
しかも、川崎は天皇杯では、岡山に勝ったものの、レギュラー
シーズンでは、名古屋に3-0で負けた後でのベガルタ戦になる。

試合の展開としては、回される中、ブロックを維持してカウンター
狙いの流れとなるのだろうが、ここは、ホーム戦だし、1レベル高い
サッカーを望みたい。

それには、タメをつくれる選手、特に中央でのプレーが大切になって
くるところだが、この部分の連携、選手の質がまったく期待できない。
もし、この部分でのプレーの質が上がれば、よりサイドからの攻撃が
生きてくるはずだ。

当然、松下がその中心になってくるとは思うが、もう一つはトップの
選手のタメのプレー質。ハモンはやはり、2列目の選手。となると当然
期待があがるのは、ジオゴと言いたいところだが、どうも即フィットで
きるレベルの選手ではないのか、今だにレギュラーシーズンでの頭からの
プレーが見ることができない。ハモン、石原、長沢のトップでのプレーは
今のところ、相手に脅威を与えるだけの質に達してはいない。

この夏の3連戦は、ホーム2連戦。川崎にビビっている暇はない。
FC東京戦の時のような、途中から出て試合の流れを壊してしまう選手の起用は、
いくらサッカーとは言え、使ってみなければわからなではすまない。
あの起用をみれば、監督なに考えてるの?ということになってしまう。もっと、
可能性のあるプレーができる選手がいるのではないだろうか。

さて、この3連戦、勝ち点5は最低限の目標だろう。
川崎には、どんな形でもいいので、闘う姿勢の見える試合を渇望する。





共通テーマ:スポーツ